So-net無料ブログ作成
検索選択

脳活になぜオイルがいいのか?オイル選びのポイント [仕事のこと]

世の中、健康志向が高まっていることもあって健康食品で溢れかえってます。


これがいい、あれがいいとテレビ・雑誌で紹介されるものを試している人も少なくないと思います。
生活スタイルに合わせて必要な栄養素は個人差もあるので栄養補給の仕方は人それぞれな部分もある。



そうはいっても、ビタミンからコラーゲンドリンクや青汁も飲んでと種類多すぎで栄養過多になるんじゃないかというくらい1日のうちで栄養補給している人もいたりします。



高齢化社会になっていることもあって、脳活サプリも存在している。なかでも、オイル系の健康食品も多いです。オイルは高齢者だけに必要な栄養素じゃないし食の安全という視点で見てもかなり重要なものです。



オイルといっても、種類は様々で有名どころならビタミンE含有で女性に人気のあるオリーブオイルやグレープシードオイル、フィッシュオイルと色々なオイルがありますね。



自分の場合は、植物オイルをメインに補給するのがよくて理由は飲みやすいからですね。動物性オイルよりも植物性オイルのほうが体に取り込みやすいのかなと感じます。(あくまで個人的な感想)



オイルが脳活にいいと言われているのは、カンタンに言うと取り込んだオイル(脂質)が脳の栄養補給になるからですね。食事で十分補給できるんじゃないの?と感じるけど、わざわざオイルを購入してまで補給するのは栄養価の高いものを選んでいるのが理由です。



一般的なオイル(料理用油)は石油を原料にしているのは有名な話で、純粋に栄養補給になりにくいです。
むしろ、料理用油が原因で日本にアルツハイマーが増えている話もあるくらいです。



なので、脳活のためにしっかりしたオイルを補給していくことは必須のことなのかな、と感じます。
ついでにオイル補給の効果って脳だけじゃなく肌や髪、おなかの調子、睡眠のためでもあり1日のパフォーマンスレベルを上げてくれるものです。



自分が植物オイルを選ぶ場合のポイントを紹介すると、


まず1番目は非加熱処理製法してることです。
オイルの栄養素は熱で壊れやすいのが特徴なので製造段階で加熱処理していると意味ないこと。栄養補給が目的なのに、補給する前の段階ですでに栄養が壊れてるオイルは買うだけ無駄になってしまいます。



非加熱処理は大量生産できない手間のかかる製造法なので、コストがかかるためオイル自体の価格もそれなりになるけど、食の安全という意味でもお金をかける価値があると思う。



2番目は、防腐剤が入ってないことです。これは他のものでもいえるけどなるべく添加物が入ってないものを選ぶようにしている。防腐剤だけが添加物じゃないけど。



3番目は、自分に合うものを取り込むこと。飲みやすい味だったり、おなかを下しやすいとかだと、継続していけないので流行しているからという理由だとナンセンスです。


オイルはビタミン同様レベルで生命活動に必要な大切な要素なのでしっかりしたものを選ぶようにしたほうがいいです。







共通テーマ:日記・雑感