So-net無料ブログ作成
検索選択

どんな物を手にするかの選択眼を身に付けること [生活・ファッションのこと]

人には趣味趣向があるのでどんな物を手にするかは人によってそれぞれだけど、選択というのはいつも付きまとうものであまり深く考えない傾向も時にはある、と感じている。



これは習慣化と関係してくるのだけれど、何かを所有する前にどんなものを手にするかという選ぶ力が人生を左右することもある。



ファッションでもコンビニで飲料水を選ぶにしても、広い意味で考えると選ぶセンスがよければその分人生で得をすることが多いと感じる。無意識に選択したものが習慣化してくると思慮深さがなくなってくるし、選んだものをずっと選び続けることが失敗を招くこともあり得ます。



お金の額が大きいほど選ぶ能力が低いままだと、たとえば保険や投資でもそうだけど慎重に調べることなくお金を投資してしまうことで損してしまうということも現実に起こってしまう。



人は習慣化したものに対しては何も疑問を考えずに選択して行動してしまうことが大半だと思うし、お金の額が大きければ誰でも慎重になるかもしれないけど案外そうでもないんじゃないかと思う。



どんな選択をして失敗を招いたかを見直して修正していくことが大事だけど、選択したことが間違ってないと思いたいのでどうしても失敗しても修正してみると行動を起こさない人もいる。



修正すると自分が選択したことが間違っていたと認めざるを得ないので、失敗を必然的に受け入れないようにしてしまうことで、その後の人生でも同じ選択をしてまた失敗してしまうという負のスパイラルが続いていってしまう。



自分にとってというよりももっと視点を広げて自分以外の人や領域にもメリットが大きいものを選ぶようにすると下手なものを手にすることが少なくなると思う。




共通テーマ:日記・雑感