So-net無料ブログ作成

北朝鮮ミサイルが東京を攻撃したときの範囲 [雑記]




今年もGWに入ってから海外旅行に行く人の数はそこそこ多いようだ。


東南アジアに行くのもよかったけど連休は国内で過ごすことにした。国内といっても温泉旅行とかじゃなく、気分転換に好きな場所へのドライブだったり、ショッピングしたりとのんびり過ごすのもたまにはいい。



特別何か意識して連休を過ごすわけじゃないし目的を持たない休日にしたかった。有事が起こりそうな雰囲気もあるし国内にいたほうが安全かもしれない。



北朝鮮問題は正直今年一杯までかなり緊迫した状態が続くと思っていて結局のところ北が核開発をやめない限りはアメリカは軍事行動をやめないだろうと思う。



日本に北がミサイル攻撃してくるとすると、人口密集地域と米軍基地が狙われることはニュースでも報道していることだけど恐らく東京は射程圏内に入っているとは思います。



被害範囲だけど、核ミサイルで東京が狙われるとするとかなり広範囲だと言われている。23区以上に神奈川県まで被害範囲があるような情報もあるけど、あれはロシア製の核ミサイルの場合ですね。



正直そこまで強力な核ミサイルは北が完成して保有しているかというとかなり疑問なのでこの被害状況は現実的じゃないけど、これ以下の核ミサイルだとしても広島や長崎の核以上の被害範囲にはなると思う。



核というと放射能被害というイメージが強いけど、放射能よりも閃光と爆風による被害がかなり大きくて、閃光は一瞬で人を消してしまうものだし、爆風は建物を粉々に吹き飛ばすほどなのでいかに通常爆弾よりも強力なのか分かる。



核になったら防ぎようがないんだけど、できるだけど爆風による被害(コンクリート片やガラスの破片など)を防ぐために地下に潜るようにすることです。コンクリートで覆われた建物なら放射能被害も防御できるので地下鉄に逃げ込こむことです。


放射能対策 3M社製マスク


あと、化学兵器を使われた場合は、サリンなら建物の窓を閉めてお風呂の水をためる、自宅じゃない場合はできるだけ早く何かしらの容器に水をためてサリン対策をすることです。



なぜ水をためるのかというと、サリンの場合は水で洗い落とせることもあるからですね。VXガスになるとこれは無理のようです。



化学兵器をミサイルで飛ばす技術は今のところ北が持っていないようだけど、ミサイルじゃなくて北から潜入している国内の諜報員が使うこともあり得るので注意したほうがいいですね。



核ミサイルでも化学兵器にしても今の状況を考えると、何もないということは確率的に考えずらいこともあるので万一に備えておくことが大切です。







共通テーマ:日記・雑感