So-net無料ブログ作成
検索選択

コーヒーを飲んで健康促進するおすすめの飲み方・コツ [健康美容のこと]

朝の時間帯にコーヒーを飲み人も多いと思うけど、コーヒーはどの時間帯でも効果を体感しやすい。 寝起きに飲むのが一番効果を体感しやすいと感じていて朝飲むと行動しやすい状態を作れる。 毎日コーヒーを飲んでいると分かりにくいけど、1週間以上空けて飲むとコーヒー効果が凄いと分かる。 一般的にはコーヒー成分のカフェインの影響で朝の血流を促進してくれて目覚めを良くしてくれます。 朝食を食べない場合は吸収性も関係してカフェインのまわりも早いので血流促進効果で便通もよくなる。 もともとカフェイン自体に利尿作用があるので朝の時間帯に飲むと消化器系も促進されます。 カフェイン同様に、コーヒーにはポリフェノール効果もあって抗酸化作用で若返り効果もあるようですね。 ミルクや砂糖を入れるよりもブラックで飲むほうがコーヒーの効果は全般的に実感しやすいと感じる。 ミルクと砂糖を混ぜることで余計な脂肪分を吸収してしまうことになるし、ブラックのほうが朝の時間帯は特に目覚め効果を実感しやすい。ブラックだからこそ意味があるような感じもします。 最近は、海外のベストセラー本で紹介されているこだわりのコーヒーレシピで飲んでいる人もいるようだけど、このレシピはけっこうなコストがかかる飲み方なのでおすすめはできません。 コーヒー意外にグラフェットバターを入れたりするけど、そもそもグラフェットバターも価格が価格なので毎日飲むことが難しいです。あまりこだわった飲み方をしなくても、国内・海外産の有機コーヒーで十分だと思う。 有機コーヒーを勧めるのは、まず味がいいこと。飲みやすいというか豆の種類によってはクリアな飲み応えでコーヒーが苦手な人でもすんなり飲めるものもある。 2つ目の理由は、カフェイン効果を実感しやすいこと。これは有機豆じゃなくても実感しやすいかもしれないけど、新鮮な有機豆のほうが食の安全性という意味でも習慣的に飲みやすいと思う。 インスタントは経験的にほとんどコーヒー本来の効果を実感しにくい。利尿作用はあるけど、他の効果はほぼ期待しにくいような感じもしますね。 あと、インスタントにない豆から飲むメリットは、休憩時に飲むときにリラックス効果が期待できること。仕事中に飲む1杯ならレギュラーを選ぶほうがリラックス効果も高いです。 小川珈琲 有機珈琲 オリジナルブレンド 170g×3

共通テーマ:日記・雑感