So-net無料ブログ作成

小食生活のメリット [生活・ファッションのこと]

食べすぎはよくないと思っていてもついつい間食をしてしまう習慣が長年続くと肥満になりやすい。



30歳を境に男女ともに太りやすく痩せにくい体質になってくるので食習慣をコントロールできるかどうか?はその後の体型を決定付けることになるといっても言いすぎじゃない。



栄養化の高いものを少ない量で食べることで、消化も楽で胃腸に負担をかけない健康体質を作ることができます。食生活がいまのままだとしても、今よりも食べる量を少なくするだけでも体調がよくなったりします。



理想は栄養化の高い食材を厳選した食事内容がいいけど、こだわりすぎると食費もバカにならないのであまり神経質にならない程度に食事内容を変えていくほうがストレスにもならずに続けやすいです。



カンタンな味噌汁や豆腐や納豆を使った日本食を食べるだけでも消化を助けます。日本食のいいところは日本人の体質(肉食中心よりも消化吸収に負担にならない植物性食材)に合った食べ物なので太りにくく消化不良を起こしにくいところです。



日本食で小食生活を続けていくと、昼間の間に眠気もあまりなく仕事に集中しやすくなってくるので生産力が上がってくる。1日のうちの大半は仕事時間が占めることを考えると、小食は仕事のパフォーマンスを上げてくれる最大のツールかもしれない。



他にも小食のメリットは食べ物にもよるけど、肌荒れしにくかったり美髪を作りやすいので美容面も自然に改善されていくことです。



食事内容が改善できない場合は、食事量を減らしてサプリメントで栄養補給するのもひとつの方法です。
その後に徐々に食事内容を改善していくとさらに体調も良くなっていくと思う。



最初は少ない食事量は辛いけど、その後の自分の体調改善に気が付くことで続けていく必要性も出てくるので習慣になりやすいです。辛いダイエットを意識する必要もないし、体調改善のために続けていくスタンスでいいと思う。







共通テーマ:日記・雑感