So-net無料ブログ作成

5月後半のビットコイン暴落で分かる仮想通貨の将来性 [雑記]

26日から27日今日にかけてビットコインが暴落している状態が続いてる。


33万円ほどに上がっていたビットコインだったのでこの辺で一度調整というか急落もあるかなとは感じてましたが、それにしてもこの暴落といってもいいほど落ち方はひどいですね。



仮想通貨そのものをまだ知らない人もいるくらい世の中では知名度もない現状だったけど、つい最近テレビでビットコインが取り上げられたりして仮想通貨を購入する人も増えたのではと感じます。



ぶっちゃけていうと今の仮想通貨(ビットコイン以外でも言えることで)は、仮想通貨元年と言われている2017年の間は上がり下がりも予測不能な段階だと言えて、動きを読める人ってほぼいないんじゃないかな。



株取引で慣れているトレーダーでも分からないことが多すぎるのではないかと思う。チャートの動きも似ているようで非なりだし、何よりまだ仮想通貨の歴史そのものが浅いので判断材料が少なすぎることが大きい。



以前、仮想通貨は超短期トレードなら悪い投資じゃないと言ったけど、超短期のトレードで億万長者が多く誕生しているけど、個人的には売買なしの長期目線で1年以上購入した通貨を寝かせておくほうが損も少ないし利益を得られやすいと思う。



メジャーな仮想通貨のなかには、将来的にかなり有望な通貨もあるし1年後には今よりも多くの参入者が仮想通貨市場に入ってくることを考えると市場規模は拡大していくわけなので、数十円で通貨を購入できる現状自体があり得ないと感じます。



知名度の高いビットコインもまだ10年ほどの歴史だし、最初の頃にわずか数十円で購入した人は33万ほどまで上がるなんて夢にも思わなかっただろうな・・・・。今回の急落で20万きったとしても痛くも痒くもないですしね。



一時的な急落だろうが、多少価格が変動しようが有望な通貨をわずか数十円の投資金額でリターンがバカでかい。コンビにでジュースを購入するよりも安い金額の投資でここまでリターンがあるのは、今のところ仮想通貨くらいじゃないかな、と。



暴落や高騰があっても、新規市場でプロなんていない状況なので投資スキルもへちまもないです。1年2年後を見て借金をしないで余剰資金を使うのが得策ですね。



年内一杯はまだ市場形成時ということもあって落ち着かない状態がしばらく続くと思うけど、長期目線で考えるとこれほどチャンスのある投資もないと思う。















共通テーマ:日記・雑感