So-net無料ブログ作成
検索選択

ネットの情報量よりも自分の経験値が大切 [雑記]

健康管理の為に栄養関連の情報をネットで情報収集する人も少なくないと思う。


ネット検索で表示されるもののすべての情報が正しいか?というとそうでもなくて、健康関連の情報は体のことなので特に気をつけないといけない。少し前のウェルク記事でも言えるけど情報を鵜呑みにしないこと。



ビタミン関連の情報でも記事を書いている人によって(その人の体調やライフワークによって栄養量も違ってくる)情報内容も違ってくるので、あくまで参考情報として理解したほうがいい。



最初に求めている、知りたい情報について関連サイトや記事を多く見てみて共通項を見つけてみる、のがおすすめです。ひとつの記事のみでその情報が本当に正しいかどうか?は見極めが難しいので。。



見つけた共通している情報というのは信憑性もひとつの記事よりも高い可能性があるし、その後に自分で実際に試してみる(ビタミンならその情報・方法を実践してみるとか)、最終的には自分の経験が一番アテになると感じます。



サプリメントの場合は、おすすめのサプリに関して書いてる記事が多くてもその記事内容は多少人によって情報が違っていたりするし、否定的な情報もあったりするので注意が必要だったりします。



個人的な経験で言うと、国産サプリと外国産サプリのどっちがいいか?ということで悩んでいたときがあったけど外国産(アメリカ産)のほうが栄養分が多くてほぼ同じ値段ならコスパがいいということでした。



色々調べた結果、試してみないと分からないということで国産はすでに飲んでいたこともあったので、ほぼ同価格の海外産サプリを飲んでみた結果、海外産のほうが体調が上向きになりやすいことが分かりました。



情報だけで分からないことは自分で実際に気になる物事を試してみるのが一番はっきりする方法だと思う。
海外産のサプリは吸収性にも優れていて今まで気に入っていたサプリよりも効果が実感できたので実践して感じた自分の経験が信頼できる情報ということになる。



栄養の情報以外でも、政治とか経済、ビジネスについてもかなり情報の偏りがあるのでネット情報以外にも書籍で情報の質を高める努力も必要だと思う。



そういえば、最近の安陪政権についてのメディア(新聞、ワイドショー)も普通に見ている鵜呑みにしやすいけどほぼ同じ批判内容であまりに不自然な偏向報道に感じる。その結果、支持率もかなり減少してしまったというからテレビメディアの偏向報道の影響力ってまだ高いんだな、と感じた。


情報が多すぎて本当の正しい情報を見つけるのがかえって難しくなっているので大変だ。





共通テーマ:日記・雑感