So-net無料ブログ作成
検索選択

おなかの脂肪を効率的に減らしていくコツ [健康美容のこと]

今年は少なからず天候が不安定なこともあって夏の間でも運動がしやすい。


30以降になってくると、男女ともにおなかの脂肪がつきやすくなるのでおなかをへこますのが目的なってきたりする。20代と違って脂肪の落ち方もそれなりに運動しないと落ちにくくなってくる。



これは代謝の関係もあるけど、人間が飢餓状態に備えて脂肪を貯めこもうとする話もあって脂肪をためこむ能力が自然に高くなっているような感じもしますね。



ちょっとした食事でも20代と違って、体重が太りやすく減りにくい体質になっているわけだけど、おなかの脂肪は経験上分かったのは腹筋重視で脂肪が落ちやすいのは20代の話だということ。



30代以降になるとおなかの脂肪に限らず、筋トレと有酸素運動のバランス重視にしたほうが効率的に脂肪燃焼ができる。有酸素運動なので、きつめの運動じゃなくてウォーキングです。



筋肉をつけると脂肪燃焼しやすいことはあるけど、カロリー消費を促すためには有酸素運動を意図的に組み合わせることが重要で、おなかの脂肪には効果も高めだと感じます。



腹筋だけつけても普段しごとがら運動量が少ないと体が太くなってしまったりすることもある。下半身運動を筋トレの前にすると代謝も高めやすいので、筋トレ前に有酸素運動するもしくは腹筋後にするとか筋トレとセットするのがおすすめです。





共通テーマ:日記・雑感