So-net無料ブログ作成
検索選択
健康美容のこと ブログトップ
前の1件 | -

美容に野菜が効果的というのは本当なのか? [健康美容のこと]

健康志向はすでに世の中で定着しているけどたまに過剰に進みすぎてるんじゃないかな、と感じるときがあってテレビで流れてる健康系のCMを見るとこの情報は本当なのかと疑ってしまう。



もちろん、CMなので商用的に購入を促すためのものなのは分かるけどどちらかというと購入を促す以上に、不安を煽るものが多いですね。



野菜を毎日このぐらい食べないと健康維持できないといった情報をうまく印象操作している感じが強いような。特に感じるのは、一つの成分に特化してこれを摂取すると体調が優れるといったものです。



野菜を食べることについては、千差万別で個人の体質によるものもあるし、必ずしもサラダボールいっぱい食べることが健康につながるとは限らないと思う。



自分の場合はサラダをたくさん食べる日もあるけど、必ず食べなきゃならない脅迫観念じみたものはないですね。サラダを食べない日も数日続く日もあるしそれによって野菜不足から体調不良になったという感覚もとくにないです。



現代人の大半は肉を食べる習慣があるので肉の摂取量が多い人なら腸内環境を整えるために、野菜摂取量を多めにするとか、あくまで個人的な食習慣で適度に調整していく程度でいいと感じます。



食習慣がほとんど外食の人ならば、帰宅後にカンタンに料理できるような食材を選ぶことで野菜を適度に食べる習慣も身につくので、簡単に料理できる「もやし」だったり「キャベツ」を選ぶのもひとつの方法です。



カンタンに食べられる習慣も大事だけど、それ以上に旬の野菜を食べるというのが重要だと思います。季節に関係ない定番の野菜でもいいけど、野菜があまり好きじゃない人なら料理方法を少し学んでから旬の野菜で食べる楽しみを味わうのもありだと思ったりします。



そもそも我慢して食べることで食べるストレスがたまって野菜を食べる習慣そのものが身につかなくなってしまうこともあり得ます。野菜もほかの食事も生きる上で体を活性化させて動けるからだを作るためなので。



個人的には食そのものは生きるため、もっと突っ込むと仕事のパフォーマンスを上げるためだったりします。時間をかけすぎないで「なるべく効率的に少ない時間でパフォーマンスを上げる」ということを意識した食生活が重要です。



野菜の摂取量は結局のところ自分の体調に合わせてどの程度食べるのがパフォーマンスを上げるために必要なのか?を摂取量を見直して検証してみるといいかもしれません。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の1件 | - 健康美容のこと ブログトップ