So-net無料ブログ作成

コインチェックで大量コイン流出が起こる・日本円の引き出しは今後可能なのか? [雑記]

26日の起こったコインチェックがハッキングされたことで約600億円の通貨流出が判明した。


ビットコインの売買は可能な状態だけど、通貨の引き出しは停止中ということで現状だと日本円に換えることが不可能になっている。



ハッキングは仮想通貨取引所では起こりえることで、これ自体は想定している前提で仮想通貨のトレードなり購入をするのは常識かもしれない。



ただ、今回の流出についてはコインチェック側のセキュリティーの甘さが問題ですね。マルチシグに対応してなかったということ自体かなりずさんというか取引所としての管理の甘さが問題です。



経営自体は破綻する流れにはなっていないようなので、信用ガタ落ちのままいままで通りに運営していくようです。まあ、起こりえることだったと思えばそれまでの話だけど想定している人は多くはなかったかもしれない。



特に、仮想通貨自体よくわかってない人ならなおさらで、テレビやら雑誌やら世間のバブリーな仮想通貨の時流で「儲かる」ことに注意が向きすぎていたことで見えにくいことだったと思う。



それにしても、マウントゴックスでビットコインの大量流出事件がまだそんなに遠くないこととして起こっているので、ある程度警戒しておくほうが普通の感覚とも言えます。



大手なら大丈夫ということでもないことが今回の事件でわかったことで、なんとなく個人的な感想として、日本の取引所はかなり狙われやすいのかなと感じます。



そもそもビットコイン所有量は日本が最大ということもあるので、昨年からのバブル状態から狙われていたのかもしれない。まあ、デジタル通貨ということでネット上の通貨は法定通貨よりもリスクはかなり高いということですね。



それでも、まだ仮想通貨の流れは今後も大きく広がっていくと思うので取引所云々よりもリスク分散をうまくしておく前提が大事だと思います。



すでに億り人界隈で仮想通貨からほかの金融資産にリスク分散している流れもあるので、仮想通貨をそのままホールドしっぱなしというのは危険ですね。



個人的には、トレードよりも購入してガチホールドがかたいと以前から言っていることだけど、投入資金だけは現金化しておくことが大事です。



投入した金額はすぐに現金化するだけでもリスクは少なくなるし、今回のようなことが起きても損失はマイナスにはなりません。


なんにしても、コインチェックの今後の動きに注目ですね。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感